【暴露】ジム1ヶ月間の取り組みの変化が衝撃的だった【絶望】

筋トレ

わくらく「ジムって1ヶ月通うとどれくらい変化するの?」

今回はこんな疑問を解決します。

筆者の信頼性

  • 元セミプロ選手
  • ジムインストラクター
  • 筋トレ情報発信でSNS総フォロワー1,000人超え

自身のだらしない体を引き締めた経験や、今まで、数百人以上へトレーニングの指導経験があります。

筆者のビフォーアフター


上記、1ヶ月の変化ではないです。

ジム1ヶ月の結果

ジム1ヶ月の結果
大きく2つの観点で結果を振り返ります。

  • 見た目
  • 体重・体脂肪率

見た目

体重・体脂肪率

数値的な変化もほぼないです。

    前:体重69kg、体脂肪率15%
    後:体重68kg、体脂肪率14%

本当に誤差の範疇ですよね。1ヶ月では、見た目も、数値も改善は「ナシ」という結果でした。

ジム1ヶ月間の取り組み

ジム1ヶ月間の取り組み
筆者の僕が、1ヶ月間のジム継続期間中に取り組んだことは以下です。

ジム1ヶ月間の取り組み

  • ジム入会
  • 筋トレの勉強
  • 週に3回の通筋

振り返ると、「筋トレ」以外に時間を費やしていることがわかったのはわりとショックでした。

結構、最初の1ヶ月目は効率が悪くなりがちということですね。

ジム入会

まずは、以下のジムに入会しました。

入会手順はWEBで可能なので、結構簡単です。ただ、最後は入店して写真撮影や、簡単な書類手順があるので、軽く1時間はかかります。

引用:エニタイム公式

ちなみに、この先、一年以上通い詰めたのですが、今は辞めてます。理由はこちら。

関連記事
>>「ジムは行かない」方が良い話【元インストラクターのぶっちゃけ】

筋トレの勉強

次に、ジムに入会して入店するとまず感じたのが、こんな感情です。

  • 「何からやれば良いんだろう...。」
  • 「みんなマッチョで恥ずかしい...。」
  • なので、Youtubeを見ながら筋トレを学びまくりました。まずは、大きな筋肉のトレーニング方法を学ぶところから始めると、変化があって楽しいのでお勧めです。

    お勧め筋トレメニュー

    • スクワット
    • デッドリフト
    • ベンチプレス

    「JIN’S LIFE」というYoutubeチャンネルが、学びやすいので気になる方はどうぞ。

    関連記事
    >>「ジム毎日は恥ずかしい」というあなたへ【意外な解決法とは?】

    週に3回の通筋

    ここまでの準備を経て、ようやく筋トレを始めることができました。具体的には、以下に取り組みました。

    メニュー

    • 背中の日:懸垂、デッドリフト、ラットプルダウン、
    • 足の日:スクワット、レッグエクステンション、レッグカール
    • 胸の日:ベンチプレス、ダンベルフライ、インクラインダンベルプレス

    週に3回のトレーニングに励みましたが、毎日筋肉痛に悩まされる日々でした。(部位ごとに集中トレーニングをするので、慣れるまでは筋肉痛が日常生活に影響を与えてきます…。)

    1ヶ月目は、これ以上の頻度で負担をかけると怪我をするので、意外とこれがマックスです。

    関連記事
    >>【損しない】筋トレは休む勇気がないと伸びないです。

    困った事

    困った事
    「ジムに入会すると、すぐにムキムキになって、悩みがなくなって、人生が変わる!」なんて楽観視は結構危険です。

    困った事

    • 割とコスパ悪い
    • 自分の見た目が恥ずかしい
    • モチベーションが維持しにくい
    • 仕事との両立(時間)が厳しい

    割とコスパ悪い

    ジムって結構高いんですよね。僕が通ったエニタイムだと、料金は以下でした。

      料金:月額約8,ooo円(※店舗により異なる)

    週に3回を一月通うと、一回あたり、600円〜700円程です。街の施設でトレーニングをすれば、半額ほどで通える場所は山ほどあるのも事実。。。

    関連記事
    >>「ジムの会費が高い」と思っているあなたへ。【令和の解決策/ジムは不要です】

    自分の見た目が恥ずかしい

    「自分だけ体がだらしないのが恥ずかしい...。」

    ジム1ヶ月目はほとんどの人が、こんな感情を抱きながら、通い続けることになります。

    結論、誰も見てないので気にする必要はないのですが、鏡張りの空間で気にしないのも結構ハードモードなので、自信がない人は辛い時間になります。

    僕も同じ感情だったので、実際に打開策として行ったことも以下で解説しているので、気になる方はどうぞ。

    関連記事
    >>「ジム毎日は恥ずかしい」というあなたへ【意外な解決法とは?】

    モチベーションが維持しにくい

    モチベーションの維持って半月経過後は意外と難しいです。

    基本、筋力の向上や見た目の変化は2,3ヶ月後になるので、最初は光の見えないトンネルの中にいる感覚です。

    ここは耐えるしか方法はないので、習慣化して取り組むことが大切です。

    関連記事
    >>【筋トレを習慣化したいあなたへ】出来ない理由とその解決策

    仕事との両立(時間)が厳しい

    最後が時間面の負担です。これが僕は一番キツかったです。

    ジムの往復移動時間が20分だったので、それを1ヶ月積み重ねると4時間を超えます。大袈裟かもですが、僕よりも忙しい人にとっての4時間は惜しいですよね。

    ぶっちゃけ、家で筋トレを始めるのも手なので、今の自分だったらそうします。どうせ、器具を使ったトレーニングも定重量になるので効率はほぼ変わらないです。

    関連記事
    >>【損です】「ジムが遠い」という人は読め【楽して鍛える】
    関連記事
    >>家でトレーニングしたい方向け参考記事

    良かった事

    良かった事
    ジム1ヶ月目は、苦労と引き換えに、良いことも当然あります!

    良かった事

    • 自信が湧く
    • 健康状態が続く
    • 仕事のパフォーマンスUP

    自信が湧く

    まず、精神面の変化が起こります。

    「俺は周りより筋トレ頑張っている。絶対にできる!」

    やってみるとわかりますが、リアルにこんな精神面での変化が起きます。

    よく「RIZAP」のCMで劇的な変化を遂げた人がテレビで映りますが、明らかに表情が違いますよね。あの感じです。

      理由:「テストステロン」という幸せホルモンの分泌が促され、情緒が安定する。

    何か自分に自信がモテないような人にとっては、人生が変わるきっかけになるので、ぜひ。

    関連記事
    >>【人生変えたい人は読め】筋トレで人生が変わる5つの理由とは?

    健康状態が続く(自然と食事に気を使う)

    次に、筋トレを行うと自然と、努力を無駄にしたくないが為に、食事に気を使います。そして、質の高い睡眠を取るようになります。

    睡眠の質は勝手に向上するので、食事だけ意識すればOKです。最低、プロテインの摂取はマストなので、まだな方は以下にオススメ貼っときます。

    オススメプロテイン
    >>【Myprotein】

    仕事のパフォーマンスUP

    これも、「テストステロン」という幸せホルモンが影響しますが、仕事のパフォーマンスが向上します。

      僕の場合は、営業成績が社内1位になりました。

    個人的な考察ですが、自信が生まれるが故に、言動に迷いが無くなったことが起因していると感じています。

    関連記事
    >>【社会人は筋トレをしろ】僕が筋トレでキャリアを稼いだ実体験

    1ヶ月目からジムに通う必要はなかった話

    1ヶ月目からジムに通う必要はなかった話
    今振り返ると、1ヶ月目からジムに通う必要はなかったと感じています。

    理由

    • 周りを気にして集中しにくい
    • 筋肉痛で通える頻度に限界がある
    • 筋力が乏しく、器具の必要性が低い

    筋トレ自体に初心者の場合は、最初に時期に家で筋トレをすることをお勧めします。

    今だと無料でオンラインフィットネスを始められるので、気になる方はどうぞ。

    >>オンラインフィットネスはこちらから

    まとめ

    まとめ
    ジムの1ヶ月目は、結構苦労が多い時期です。

    ただ、継続した数ヶ月後に成果が現れるので、速攻面に期待せずにマイペースに取り組むことをお勧めします。

    筋トレで人生を変えましょう。

    合わせて読みたい記事

    この記事を書いた人

    わくらく

    ▼育ち
    東京生まれ東京育ち。

    ▼スポーツ
    16年間フットサル選手として活動。プロ練習生まで上り詰め、大会では全国2位を経験。

    ▼ビジネス
    2020年4月より IT営業マンとして活動。全社1位の成績を収め、社内最速昇進を叶える。

    ▼趣味嗜好
    休日の彼女とのアウトドアデートと、毎朝のカフェタイム。

    プロフィール詳細