筋トレに関する記事一覧


筋トレ

懸垂とディップスを行った場合、どれくらいの効果があるのか気になりますよね。当記事では、懸垂とディップスによる効果の範囲と、それだけでは足りない意外な盲点について解説しています。実は、懸垂とディップスだけでは、効果に遠回りなことがあるので、なるべく最短ルートで筋トレの効果を実感したい人は必読です。

筋トレ

腕立て伏せって、何回できたらすごいのか、基準が分かりずらいですよね。そこで当記事では、すごいと言える基準の回数を統計データから算出し、また、その基準に達するために必要なトレーニング方法について解説をしています。ただ闇雲に腕立て伏せを行えば成果が出るわけでもないので、これから無駄なく効率的にすごくなりたい方は必読です。

筋トレ

腕立て伏せって、肘を痛めやすくて困りますよね。当記事では、よくある腕立て伏せで肘を痛めてしまう原因と、その対策について、詳しく解説しています。肘を痛めると、トレーニングの質が低下するだけではなく、他の周辺にある筋肉や、関節に余計に負荷がかかるリスクもあるので、実はかなり重要なポイントです。しっかり対策していきましょう。

筋トレ

懸垂10回ってスゴイのか気になりますよね。僕も最初は1回もできないレベルからのスタートだったので、想像できませんでした。ですが、結論は、かなりスゴイので目指す価値ありです。そこで当記事では、懸垂10回を達成するための方法(裏技)を解説していきます。実際に僕(筆者)は、この方法で10回を達成しているので再現性ありです。

筋トレ

懸垂30回の効果って気になりますよね。僕もトレーニング初期は、1回もできないレベルだったので、30回できるレベルは想像できませんでした。結論ですが、控えめに言って革命が起きます。そこで当記事では、懸垂30回の効果と、効果を半減させない為の注意点を中心に解説していきます。鬼の背中を手に入れましょう。

筋トレ

ガリガリの時って、筋トレしても意味がないように感じてしまいますよね。僕も、今より体重が8kg少ない時期は同じでした。ただ結論は、大いに意味ありです。なので良い意味で誤解なので大丈夫ですよ。当記事では、ガリガリが最短で成果を出すためのトレーニング方法を中心に解説しています。僕が実際に、実践して8kgの増量を体現済みです。

筋トレ

腕立て伏せ50回って、かなり頑張ることになるので効果が出るのか気になりますよね。結論ですが、大いに効果ありです。そこで当記事では、腕立て伏せ50回で得られる具体的効果から、それでも挫折してしまう人に向けた対策法までを解説しています。読むだけで、心身ともに変わって、控えめにいうと人生が変わりまするので、どうぞ。

筋トレ

筋トレって、つい毎日やった方が当然良い気がしますよね。僕も同じでした。ただ、結論、筋トレしない方がいい時は存在します。そこで当記事では、その休むべき基準を中心に、無駄な努力なしに最速で成長する方法を解説しています。頑張り過ぎは逆効果なので、続きません。程々に最速で成長するのが最もベストです。

筋トレ

いきなりネガティブですが、実は、半年間腹筋を20回ずつ頑張っても、ほとんど効果がありません。でも大丈夫です。腹筋をより楽に割る方法と、お腹周りを痩せる方法は他にもあります。そこで当記事では、腹筋20回が効果的ではない理由から、正しい対策法までを解説しています。実践すれば、私と同じ腹筋にはなります。(画像あり)

筋トレ

毎日腹筋を100回もやったらかなり痩せ効果が出そうですよね。ただ実際には、少し痩せる程度で大きな効果は期待しにくいです。そこで当記事では、腹筋運動よりも効果的な痩せる方法を中心に、腹筋を割る方法までを解説しています。なるべく楽して痩せたい or 腹筋を割りたい、という人は必読です。