【まだ通ってるの?】「ジムが遠い」と悩む人は読め【〇〇で解決できるのに】

筋トレ

わくらく「ジムが遠いから通い続けるのが大変だなぁ。何か良い方法ないかな…?」

今回はこんな疑問を解決します。

筆者の信頼性

  • 元セミプロ選手
  • ジムインストラクター
  • 筋トレ情報発信でSNS総フォロワー1,000人超え

自身のだらしない体を引き締めた経験や、今まで、数百人以上へトレーニングの指導経験があります。

筆者のビフォーアフター


さて、こんなツイートを先日しました。


僕の場合は、無料のオンラインフィットネスで、費用と移動時間を節約して、無理なく継続するように変えました。僕もジムが遠いのは悩みであり、ストレスだったので。

以下で、その他の対策も解説しているので気になる方は本編をどうぞ。

ジムが遠いのは無駄な理由

ジムが遠いのは無駄な理由
ジムが遠いのはなぜ「損」なのでしょうか。遠くても通えばしっかりとした筋トレができてボディメイクに成功できるはずだと思っているかもしれません。

しかし、遠方のジムにわざわざ通おうとすると以下の理由によって筋トレに失敗するリスクがあります。

理由

  • 継続が困難になる
  • 時間の浪費が激しい
  • 天気に予定を左右される

継続が困難になる

ジムが遠いときに最も大きな問題になるのが、筋トレを継続できなくなるリスクが高いことです。

例:ジムに行くのに徒歩や車で30分以上もかかる、電車で数駅移動しなければならない

などという場合には通うのが面倒になってしまう可能性があります。

ジムに通うのがとても楽しければ継続できるかもしれませんが、大きな負荷をかけるトレーニングをするのにはつらさもあるでしょう。

    わざわざ大変なトレーニングをするのに遠方まで行かなければならないと思うと、面倒になって投げ出してしまうかもしれません。

筋トレによってボディメイクをしたり、目標とする筋力を付けたりするためには継続が必須です。

ジムが遠いだけで筋トレを続けられずに失敗してしまっては元も子もないので、できる限り通う労力の無駄をなくしましょう。

筋トレが続かない理由

ジム通いが続かない原因「疲れたくない/身体への負荷が大きい(23.3%)」、「運動することが嫌い(18.2%)」といった運動に対する苦手意識よりも、「面倒くさい(59.3%)」と答えた方が圧倒的に多く、習慣化するためは、筋トレのハードルを下げる必要があるようです。引用:PR TIMES

関連記事
>>「ジムがめんどくさい」と思う人は読め【簡単に解決します】

時間の浪費が激しい

近くにあるジムに通わない場合には時間の無駄な浪費が起こってしまうのも問題点です。

    ぶっちゃけ集中したら、一回の筋トレにかける時間は30分程度で、1時間もかけるほどのトレーニングをすることはあまりありません。

内容によってはもっと短い時間で済む場合もあるでしょう。わずかな時間でも継続して取り組むのが筋トレの効果を高めるためには欠かせません。

関連記事
>>【ジムの滞在時間は30分で十分です】長時間いると筋肉が減ります

しかし、ジムが遠いと往復に長い時間がかかり、実際にジムでトレーニングをしている時間はわずかになります。

例:30分のトレーニングをするために、往復で30分かかっている

こんな感じだと、明らかな時間の浪費です。

週3頻度で通っていたとしたら、月に6時間以上も無駄にしてしまいます。

    通う頻度を増やすほど時間の無駄が増えてしまうため、だんだんと通う頻度が少なくなってしまいがちです。

トレーニング効果が低下する原因にもなるので、筋トレをする上では望ましくありません。

関連記事
>>「ジムは行かない」方が良い話【元インストラクターのぶっちゃけ】

天気に予定を左右される

ジムが遠方にある場合には天気に予定を左右されるのも問題になりがちです。

ジムにどのようにして通うかによって天気の影響には違いがありますが、徒歩や自転車で通う場合もあるでしょう。

例:雨で遠いジムまで行くのは大変なので、今日は天気が悪いから延期しよう

と考えることも多くなりがちですよね。

電車で通う場合にも自宅から最寄り駅、そして到着駅からジムまでの移動距離があると通うのが大変だと感じるでしょう。

    結果として天気によってトレーニングに行く予定を臨機応変に変更しなければならず、仕事や生活にも影響を及ぼしてしまいます。

スケジュールの変更をするのが厄介に感じて通うのをやめてしまう原因にもなるので、遠いジムを選ぶのは好ましくありません。

関連記事
>>「ジムは行くべきか?」と悩むあなたへ【行く必要ないです。】

ジムが遠い時の突破口

ジムが遠い時の突破口
有名なジムに通いたいけれど遠い場所にしかない、そもそも自宅の近くや通勤経路にはない、遠くのジムにもう通い始めてしまったなど、様々な理由があって遠いジムを利用するケースはあります。

しかし、ジムが遠い際にも突破口があります。状況によって選択肢は異なりますが、以下の3つが有効です。

突破口

  • オンラインフィットネス
  • ジムを近いところに変える
  • 家で筋トレ

オンラインフィットネス

オンラインサービスを利用してフィットネスをするのは合理的な対策です。

オンラインでプロのトレーナーから指導を受けながら、取り組むスタイルになります。僕は実際にこのオンラインフィットネスを利用しています。

    ジムが近くにない場合や有名なジムが近辺では見当たらない場合でも、インターネットを使えればどこでも利用できます。

当然、ジムに通う時間や労力は一切かかりません。

無料から始められるので、気軽に申し込んでジムが遠い人は、「損」を回避しましょう。

実際のトレーニング映像はこちら

ジムを近いところに変える

もしジムが近くにあるなら変えるだけも解決できます。

知人に誘われて遠いジムに通い始めた人や、有名なジムが近くにないからという理由で遠くのジムを選んだ人にとって効果的な打開策です。

あらためて調べてみると自宅の近くにジムが見つかるかもしれません。徒歩数分というような好立地にジムがあるなら変更すると筋トレを継続しやすくなり、通う無駄も最小限に抑えられます。

※ただ、調べてみても遠くにしかジムがない場合や、取り組みたい筋トレに必要な設備がない場合などもあります。

本当に自分が期待しているようなトレーニングができるかを調べてから変えるのが大切です。

家で筋トレ

筋トレをするときにはジムを利用するのが必須ではありません。発想を転換して家で筋トレするのも突破口の一つです。

自宅ではフィットネス機器が充実していないからトレーニングが困難ではないかと思いがちですが、自重トレーニングをしたり、安くても使いやすい機器を購入したりすれば自宅でも効果的な筋トレを行えます。

    天気などにも左右されずに毎日継続して筋トレに励むことができるのが大きなメリットです。

オンラインフィットネスを利用すれば自宅でプロのアドバイスを受けることが可能です。

家で筋トレをする上で重要なサポートになるので、利用を検討してみると良いでしょう。

【暴露】ジムは遠いので退会しました。

【暴露】ジムは遠いので退会しました。
筋トレの効果を上げるためにはジムでトレーニングをするのが重要ということがよく言われています。

本格的なボディメイクをしたい人はジムが遠くても通い始めるケースが多々あります。

わくらく「オンラインフィットネスに挑戦してみよう!」

ただ、リモートサービスの充実の影響を受けて、こんな人が増えてきているように思います。

ジムトレーニングを続けてきた人が自宅トレーニングに切り替えて、家で筋トレを始めた際に口々に言っているのが、

    「ジムは遠いので退会した」

ということです。
さらに、自宅から近いジムに通っていた人も自宅トレーニングを始めてみるといかに通う時間や労力の無駄があったかがわかったというコメントをしています。

また、充実したジムの機器を使わなくても自宅でできる筋トレがたくさんあり、継続的に取り組むと効果があるのが実感できたと言っています。

    ちなみに、筆者の僕は、ジムに通う時間や手間を削減するために、このオンラインフィットネスを利用してます。

このようなコメントを踏まえて、時間や労力の無駄を最小限にできるので、始めてみるのが賢い方法だと言えます。

まとめ

まとめ
ジムが遠いのは時間も労力も無駄にしてしまうことに直結します。

筋トレは継続が重要なので、続けられなくなる要因を極力排除するのが大切です。

家での筋トレに適した方法を個別に指導してもらえるサービスが充実しているので、有効活用して効率的に筋トレを進めていきましょう。

合わせて読みたい記事

この記事を書いた人

わくらく

▼育ち
東京生まれ東京育ち。

▼スポーツ
16年間フットサル選手として活動。プロ練習生まで上り詰め、大会では全国2位を経験。

▼ビジネス
2020年4月より IT営業マンとして活動。全社1位の成績を収め、社内最速昇進を叶える。

▼趣味嗜好
休日の彼女とのアウトドアデートと、毎朝のカフェタイム。

プロフィール詳細