「ジムめんどくさい」と思う人は読め【簡単に解決します】

筋トレ

筋トレをする方法はさまざまですが、やる気のある方だとジムに通ってトレーニングしていることが多いです。

しかし、ジムに通っているうちに徐々にモチベーションが下がっていき、「ジムに行くのがめんどくさい…」と感じるようになることも少なくありません。

恥ずかしいですが、僕も先日こんなツイートをしました。

そこで今回は、なぜジムに行くのがめんどくさくなるのか解説するとともに、解決する方法も紹介していきます。

わくらく

わくらく「ジムに行くのがめんどくさい人は、参考になりそうだね!」

ジムがめんどくさい理由

ジムがめんどくさい理由
大前提、どれくらい「めんどくさい」と感じる人口が多いのかを、データを引用してみてみます。

「めんどくさい」人口

「めんどくさい」人口
(前略)「面倒くさい(59.3%)」と答えた方が圧倒的に多く、習慣化するためは、筋トレのハードルを下げる必要があるようです。
引用:PR TIMES

かなり多いんですよね。

そこで、まず初めに、「ジムに行くのがめんどくさい…」となる理由について、いくつかのケースに分けて解説します。

理由

  • 単純に「飽きた」
  • 家から距離が遠い
  • 仕事帰りで疲れている
  • 荷物の準備や片付け

単純に「飽きた」

わくらく

わくらく「なんだかジムに行く日々に飽きてきた気がするぞぉ?」

怠惰な話に聞こえるかもしれませんが、正直、ジムは「飽きます」。

最初の頃は、「よし、また明日もジムに行くぞ!楽しみだぁ!」というモチベーションが高い状態でいられるのですが、それから継続をすると、僕の場合こんな感じになりました。

継続した時の本音

  • 「ひたすら同じことの繰り返しだなぁ。」
  • 「また明日もジムでスクワットするのかぁ。はぁ。」

恥ずかしいですが、これが数ヶ月ジムに通い続けた時の、僕の本音です。笑

家から距離が遠い

自宅にプライベートジムがある方もいるかもしれませんが、ほとんどの方は街中にあるジムに通っています。

場合によっては、ジムが遠く長時間移動する必要がある方もいるでしょう。この移動時間も、ジムが面倒になる理由の一つです。

    仮に片道10分の場合:
    週3通いで1時間を浪費する計算です。

また、自宅にいるときはジムに行く気力があっても、移動している内にモチベーションが下がる可能性もあります。

家から遠い場所にあるジムに通っている方は、ジムに行くのがめんどくさくなりやすいと言えるでしょう。

関連記事
»【まだ通ってるの?】「ジムが遠い」と悩む人は読め【〇〇で解決できるのに】

仕事帰りで疲れている

社会人に見られる理由として、「仕事で疲れていて、ジムに行く気力がない」というものが挙げられます。

どのような仕事であっても、一日中働いていたら疲れてしまうものです。残業があったり、肉体労働の多い仕事だったりすれば、さらに疲労は大きくなるでしょう。
疲れた男女
そのような状態で帰宅すると、多くの人は筋トレよりも「休みたい…」という思いが強くなってしまいます。結果、ジムに行くモチベーションも減っていくのです。

関連記事
»「筋トレが辛い」と悩むあなたへ【結論、楽に鍛えればOKです】

荷物の準備や片付け

筋トレをする際に重要なのが、プロテインなどによる栄養補給、パワーグリップなどトレーニングをする際のサポートアイテムです。

ジムで高重量を扱うトレーニングをするならそれらの荷物を持っていくことになりますが、そういった荷物の整理もジムがめんどくさくなる理由でしょう。

プロテインなどの他にも、人によっては水や食べ物などを準備することもあるかもしれません。日によって持っていく荷物を変えている場合は、さらに荷物の準備の手間が増えます。

荷物例

  • プロテイン
  • 着替えの洋服
  • グリップ等の補助アイテム

これを毎回を準備するのは、かなり面倒なものです。

「ジムがめんどくさい」気持ちの解決策

「ジムがめんどくさい」気持ちの解決策
「ジムがめんどくさい」という気持ちを解消し、ジムで筋トレをしたいと考える方もいるでしょう。

解決策

  • 成果を記録する
  • 人間関係を気にしない
  • オンラインフィットネス
  • 近所のジムに再入会する
  • 音楽や動画を見てやる気を出す
  • 未来の進化した自分をイメージする

成果を記録する

結論、SNSで発信しましょう。

例えば

  • 「今日は必ず〇〇筋トレをやります!」
  • 「いつまでに体重-〇〇Kgを目指します!」

こんな感じですね。

意外と公言するだけで、やらなきゃいけない状態を作れるのでおすすめです。怠惰なルーティーンは仕組みで解決しちゃいましょう。

人間関係を気にしない

ジムに行くとこんな経験をしたことはありませんか?

わくらく

わくらく「あ、昨日話しかけられた人、今日もいるなぁ…。できれば無視したいけど、申し訳ないかなぁ?」

これは、誰もが経験することかもしれませんね。

対策ですが、以下がおすすめです。

対策

  • 通う時間帯を変えてみる
  • 良い人でいることを止める
  • 誰とも深く話さず挨拶で済ませる

地味な対策ですが、これが効果的です。笑

オンラインフィットネス

ジムが面倒に感じる理由はさまざまですが、そもそも”筋トレ”を面倒に感じてジムに行くのをやめてしまう方は多いです。

実は、ジムに行かなくても効果的な筋トレを行うことができます。基本的には自宅で自重トレーニングを行うことになりますが、一人では中々モチベーションを保つのが難しいかもしれません。

    そこでおすすめなのが、オンラインフィットネスです。

オンラインフィットネスではトレーナーの指導・アドバイスを受けながら筋トレをすることができる他、

  • 移動時間の削減
  • トレーナーの存在でモチベーションアップ
  • 筋トレ、食事メニューを代わりに考えてもらえる

などのメリットがあるので、ジムがめんどくさい人の解決策になり得ます。

また、自分では知らなかったトレーニング方法を知ることもできるので、”学んだトレーニング方法をジムで試す”という楽しみが生まれるのもメリットです。

お勧めの無料サービスを以下に載せておくので気になる方はどうぞ。

関連記事
»【LEAN BODY】サクッと自宅で美ボディになりたい【無料でできる】

近所のジムに再入会する

ジムがめんどくさくなる理由として”移動時間”を挙げましたが、移動するのが面倒であれば「近所のジムに再入会する」という対処法も効果的です。

たとえ規模などが足りていないとしても、移動時間が短縮できることでモチベーションが保てるのであれば、近所のジムに通う方が良いと言えるのです。

    ※複数ジムの同時入会は無駄な出費なので控えましょう。

知名度や施設の規模を考慮して遠方のジムに入会しても、通うモチベーションが保てないのでは意味がありませんよね。

音楽や動画を見てやる気を出す

「筋トレは好きだけど、なぜかジムに行く気にならない…」というときは、”そもそも気分が落ち込んでいる”などの理由が考えられます。

仕事でうまく行かなかったり、何かで失敗して悩んだり、その原因はさまざまですが、気分を晴らすためにも一度気分転換をするのは重要です。

    そんな時は、”音楽や動画”を見てやる気を出すのがおすすめです。

好きな音楽を聞けば気分も上がりますし、筋トレの動画などを見れば徐々に筋トレへのモチベーションが上がっていくかもしれません。

僕のお勧め動画

未来の進化した自分をイメージする

ジムに通うことは、未来の自分にとってメリットが多くあります。

メリット

  • 寿命が伸びる
  • 周りにチヤホヤされる
  • 体型から自信を得られる

他にも自分で昔こんなツイートもしていたので、貼っておきます。


特に寿命に関するメリットは、かなり大きいですよね。

週30分から60分の筋肉強化トレーニングに加えて、長さに関係なく有酸素運動を行った場合だ。これにより、早死にするリスクが40%、心臓病のリスクが46%、がんによる死亡リスクが28%低下した。
引用:forbes

実際に、こういった研究結果も発表されているので、筋トレは偉大ですね。

【正直】ジムはめんどくさいので行かなくていい話

【正直】ジムはめんどくさいので行かなくていい話
ここまでジムがめんどくさくなる理由や解決方法について解説しましたが、正直なところ、ジムに行くのがめんどくさい場合はジムに行く必要はないです。

読まなくてもOK:僕の周りで実際にあった声です。

私は元々ジムで筋トレをしていましたが、仕事が忙しくなり時間の確保が難しくなるにつれて、徐々にジムに行く頻度が減っていきました。
そもそもダイエット目的に通っていたのもあり、筋トレそのものへのモチベーションがあまり高くなかったのも頻度が減った理由です。
しかし、「ジムで筋トレしないと太るかも…」という不安は募っていき、ストレスでさらに太ってしまいました。結果として体重が80kgほどになったので、一度ジムに通うのを諦めることに。
しかし、自重トレーニングは何だか地味に感じてやる気が起きませんでした。
そこで見つけたのが、オンラインフィットネスです。
初めはヨガなど女性向けサービスというイメージが強かったですが、調べてみるとパーソナルジムのように、筋トレのアドバイスなどをしてもらえるフィットネスがあることを知りました。
自宅で受けられるということで、ジムが面倒だった私でも気軽に始められました。トレーナーから教わるトレーニング方法はどれも効果的で、ジムでやっていたトレーニングより効いていると感じたことも多かったです。
結果、ジムに行っていた頃よりも体重が減り、最終的には60kg台まで減量することができました。
また、食事に関しても適切にアドバイスをしてもらえたので、ただガリガリになったのではなく、腹斜筋も見えるようなカッコいい体つきになれたのが良かったです。
「ジムで軽く筋トレするくらいなら、オンラインフィットネスの方が有意義だな」と感じました。

長くて恐縮ですが、

    ジムを辞めてオンラインフィットネスを利用したら、痩せました。

と書いてあります。

関連記事
»【動画あり】LEAN BODYやってみた【これでジムいらず】

まとめ

まとめ
よほどの筋トレ好きでない限り、ジムに行くのがめんどくなることはよくあります。

近所のジムに入会したり、動画などを見たりと対処法はありますが、どうしても面倒に感じるならわざわざジムに行く必要はありません。

そして、時には「休む勇気」も持って、継続できるペースで取り組むんで、理想のボディメイクを実現しましょう。

合わせて読みたい記事

この記事を書いた人

わくらく

わくらく

▼育ち
東京生まれ東京育ち。

▼スポーツ
16年間フットサル選手として活動。プロ練習生まで上り詰め、大会では全国2位を経験。

▼ビジネス
2020年4月より IT営業マンとして活動。全社1位の成績を収め、社内最速昇進を叶える。

▼趣味嗜好
休日の彼女とのアウトドアデートと、毎朝のカフェタイム。

プロフィール詳細