「痩せても可愛くない」人のある共通点【正しく痩せよう】

筋トレ

こんにちは、わくらくです。

女性「なんか痩せても可愛くない人って意外と多いよなぁ。せっかく痩せるなら可愛く痩せたい…!」

今回は、こんなお悩みをより楽に解決します。

さて、先日、こんなツイートをしました。

「痩せても可愛くない」人のある共通点
1. 筋肉がない
2. 不健康に見える
3. 自信がないように見える
無理やり、痩せようとダイエットしても実は逆効果になることがある
正しく内面から痩せよう。

ここを詳しく解説していきます。

筆者の信頼性

  • 元セミプロ選手
  • ジムインストラクター
  • 筋トレ情報発信でSNS総フォロワー約1,000人

ダイエット含め、数百人へトレーニング指導をしてきました。

ちなみにそんな僕は、最終的にジムに通わずにコスパ重視で以下の身体を実現してます。体脂肪率は7%です。

僕のビフォーアフター


その方法の方が気になる方は以下記事をどうぞ。女性利用者が多いです。

関連記事
>>無料でボディーメイク出来るオンラインフィットネス紹介記事

大前提、痩せたら可愛くなります

大前提、痩せたら可愛くなります
痩せても可愛くなれないと思い込んでいる方は意外と多いです。

ですが大丈夫です。可愛くなりますよ。

一昔のダレノガレ明美さん

それから今


こんな感じで、明らかに可愛く痩せてますよね。なので、大丈夫です。

ただ、可愛く痩せられないケースがあるのも事実。そこにはある共通点があります。

では本題です。

詳しく知りたい
>>【暴露】ジム1ヶ月間の取り組みの変化が衝撃的だった【絶望】

痩せても可愛くない人の共通点

痩せても可愛くない人の共通点
それでは、痩せても可愛くない人にはどんな共通点があるのでしょうか。

結論、以下3つです。

共通点

  • 筋肉がない
  • 不健康に見える
  • 自信がないように見える

筋肉がない

誤)ダイエット成果=体重減少

ダイエットの概念を、こんな風に捉えている方は要注意です。

体重を減らす方法は大きく2つ。

  • 脂肪を落とす
  • 筋肉を落とす

こんな感じです。

間違っても、「筋肉を落とす」のはNGです!それでは、ガリガリになってしまい、魅力的ではなくなりますよ。

筋トレは可愛く痩せるためにも、必須で取り組みましょう。

不健康

前述で、筋肉を落とす痩せ方は、ガリガリになってしまい可愛く見えない。と解説しました。

これって見方を変えると、不健康ですよね。

他にも不健康に陥る人には、以下の共通点があります。

共通点

  • 過度な食事制限をしている
  • 栄養バランスが偏り栄養失調
  • 急激なダイエットで睡眠の質が低下

何事も、程々が大切です。遣り過ぎは注意しましょう。

過度に痩せると可愛くないです。


引用:instagram

ダレノガレ明美さんでも、やりすぎるとこんな感じです。

詳しく知りたい
脱ガリガリの為の筋トレメニュー【裏技あり】

自信がない

痩せてもガリガリだったり、不健康だったりすると、鏡に写る自分を見て、ポジティブになれないですよね。

痩せても可愛くない人の最大の共通点は、この自分に対する自信です。

データ


引用:Asahi

自信がある人って、約2割くらいしかいないんですよね。

正しく内面から可愛く痩せると、周りと差がつきますよ。

正しい痩せ方

正しい痩せ方
では、最重要章です。正しい痩せ方を解説します。

意識すべき点

  • 食事
  • 運動
  • 生活習慣

食事

食事は以下の栄養バランスを意識すると、非常に健康的に痩せられます。

PFCバランス

    P(たんぱく質):F(脂質):C(炭水化物)=3:2:5

こんな感じですね。このバランスは超重要です。

ただ、よくある悩みとしては、

女性「毎日、そんな栄養バランスを意識した食事を準備できない…。」

こんな感じのケースが多いと思いですよね。

僕の場合、

を利用することで、なんと解消して継続中です。逆になかったら無理かも。

運動

可愛く痩せるためには、運動(筋トレ)は必須です。

具体的には、以下の2種類を満遍なく取り組みましょう。

3種類

  • 有酸素運動:ランニング、ウォーキング、エアロバイクなど
  • 無酸素運動:腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットなど

これらができれば、健康的な体系で脂肪を落とすことができるので、控えめに言っても超必須です。

詳しく知りたい
>>【もう悩むのは終わり!】ジムに女性1人で通うあなたへ【何も気にせずトレーニングをしよう】

生活習慣

実は、可愛く痩せるためには、日々の生活習慣の改善はとても重要です。

具体的には、以下を意識したいです。

意識すべき点

  • 移動:一駅分の距離でも電車に乗るなど、日々の消化カロリーが平均的に低いと痩せにくい
  • 姿勢:姿勢が悪いと一箇所の筋肉に負担がかかり、全身の見栄えバランスが崩れやすくなる
  • 体温:普段から薄着で体を冷やすしやすい場合、基礎代謝が低下し痩せにくい体質になってしまう

日々の細かな意識が、積み重なると実は大きな影響を与えます。

可愛く痩せるためにも、日々の生活習慣は頭の片隅で意識しましょう。

まとめ

まとめ
ではまとめます。

まとめ
・痩せても可愛くない人には3つの共通点がある
・「食事」、「運動」、「生活習慣」の改善が1番の近道
・忙しい人は、自宅でできる時短サービスを使うのもあり



このブログでは、様々な筋トレを教えるブログとして、コンテンツを更新しています。

「筋トレを教えるブログ」の関連記事はこちら

この記事を書いた人

わくらく

▼育ち
東京生まれ東京育ち。

▼スポーツ
16年間フットサル選手として活動。プロ練習生まで上り詰め、大会では全国2位を経験。

▼ビジネス
2020年4月より IT営業マンとして活動。全社1位の成績を収め、社内最速昇進を叶える。

▼趣味嗜好
休日の彼女とのアウトドアデートと、毎朝のカフェタイム。

プロフィール詳細