【よく分かる】シックスパッドパワーローラーSの違いを徹底検証

宅トレ

こんにちは、シックスパッドが大好きなわくらく(@wakuraku_life)です。

昔のシリーズを今でも愛用中

当記事の読者想定

  • 電動ローラーの何を選べば良いのか迷っている人
  • SIXPADパワーローラーとパワーローラーSの違いを知りたい人

こんな人向けに、シックスパッドのリアルユーザーである私(筆者)が解説しました。

わくらく(筆者)「シックスパッドシリーズ全般の概要は以下記事でまとめてるから、そっちもよければ読んでみてね!」

関連記事
»SIXPAD(シックスパッド)のおすすめ商品を解説しました

執筆者
筋トレブロガー
わくらく
wakuraku

プロフィール
どうも「わくらく」です。大した人間ではないですが、ちょこっと自己紹介します。学生時代に、筋トレをほぼ毎日継続する生活を送ったら、フットサル競技のプロ練習生にまで上り詰める事ができちゃった、というのが唯一の特徴です。現在は引退し、上場企業で最速昇進サラリーマンを謳歌し、今は時価総額1,000億円超えの企業に転職しました。影でこっそりブログ更新をする日々を送っております。Twitterはこちら»もっと詳しい自己紹介はこちら»

シックスパッドパワーローラーSの概要

シックスパッドパワーローラーSの概要

引用:SIXPAD(シックスパッド)公式

詳細

名前 Power Roller S(パワーローラーS)
重量 約840g
長さ×直径 約315×85mm
充電時間 約3時間
限界重量 120kg
振動数 最大 3000回/分
料金(公式) 税込 ¥10,780

全身の気になっている部位をピンポイントで振動によってアプローチできるのが最大の特徴です。

筋肉の緊張をほぐしてくれることで、リカバリー効果を期待することができます。

普段から体に負荷が強いアスリートなどは、ほぼマストで活用していることで、徐々に一般層にも広がっていったように思えますね。

SIXPADパワーローラーとパワーローラーSの違い

SIXPADパワーローラーとパワーローラーSの違い

画像引用:SIXPAD(シックスパッド)公式

それでは、SIXPADパワーローラーとパワーローラーSの違いを、以下の要素で分解して比較していきます。

違いを分析

  • スペック
  • 用途で比較
  • 口コミで比較

スペック

スペック比較

パワーローラー パワーローラーS
重量 約1,540g 約840g
長さ×直径 約340×135mm 約315×85mm
充電時間 約2.5時間 約3時間
限界重量 120kg 120kg
振動数 2,800回/分 最大 3000回/分
料金(公式) 税込 ¥16,280 税込 ¥10,780

用途で比較

用途別で比較

  • パワーローラー:背中、モモなどの広い面積をほぐすのに最適
  • パワーローラーS:足裏、腕、肩など、ピンポイントでほぐすのに最適

口コミで比較

パワーローラーから見ていきます。ここから3つ口コミツイートが続きます。

トレーニングの疲れを回復!

筋膜リリース!

凝っていた部位が軽くなった!


お次に、パワーローラーSを見ていきます。ここからまた3つ口コミツイートが続きます。

効果を実感!

ストレッチが楽に!

気持ちが良い!

比較まとめ

比較まとめ

  • スペック:パワーローラーSはコンパクトな分、コスパがGood。
  • 用途:ほぐしたい部位が比較的小さい場合は、パワーローラーSで充分
  • 口コミ:両者、明るい口コミが多く、比較し難い

効果的な使い方

効果的な使い方
次に、パワーローラーシリーズを使う上での、効果的な使い方を紹介していきます。

部位ごとに解説

  • 上半身
  • 下半身
  • (注意点)

※補足:公式の使い方動画がなくなってしまった関係上、類似商品であるドクターエアの動画を参考に引用しています。

上半身

腰部

背中

肩こり解消を狙った使い方は、かなり多くのユーザーが気になるみたいだったので、以下の記事でも解説しています。よければどうぞ。

関連記事
»シックスパッドのパワーガンは肩こりに効くの?【答えは〇〇です】

下半身

足裏

ふくらはぎ

もも裏

注意点

念の為、以下の注意点は留意してください。

注意点

  • 首から上のアプローチはNG
  • 医用電気機器との併用はNG
  • 運動ができない方(妊婦、怪我 etc…)

振動による騒音はどう?【よくある質問】

振動による騒音はどう?【よくある質問】

騒音に驚く口コミ


ネット上で意外とこんな声が多いので、対策を以下で補足しておきます。

対策

    ヨガマットの厚いものを敷きましょう。

普通のヨガマットだと厚くても1mmの厚さが流行っていますが、以下だと4mmもあるので、騒音対策にはバッチリです。マンション暮らしの方などは割とマストアイテムです。

類似品との違いを比較

類似品との違いを比較
シックスパッドパワーローラーSは、類似品もたくさん出回っているので、以下で情報を整理します。一番比較されるのが以下です。

比較商品

  • ドクターエアのストレッチロールS

ドクターエアのストレッチロールS

ドクターエアのストレッチロールS

引用:ドクターエア公式

スペック比較

パワーローラーS ストレッチロールS
重量 約840g 約870g
長さ×直径 約315×85mm 約340×135mm
充電時間 約3時間 約3.5時間
限界重量 120kg 150kg
振動数 最大 約3000回/分 最大 約4,000回/分
料金(公式) 税込 ¥10,780 税込 ¥19,352


シックスパッドパワーローラーsとの違い【まとめ】

シックスパッドパワーローラーsとの違い【まとめ】
以下でまとめます。

まとめ

  • パワーローラーとパワーローラーSの違い:パワーローラーSはコンパクトな分、コスパがGood。
  • 騒音対策:ヨガマットを敷こう。
  • 類似品との比較:パワーローラーSのコスパが段違いなことがわかる。

合わせて読みたい

mokuji