【質問】チートデイは週1でやりたくないですか?【僕はやって体脂肪7%】

ダイエット

こんにちは、わくらくです。

悩める女性「チートデイは週1でやっていいのかなぁ…。」

今回は、こんなお悩みを解決します。

そういえば、先日、こんなツイートをしました。

【質問】チートデイは週1やっても大丈夫?
【答え】体脂肪率が10%~15%未満の場合はOKです。
チートデイの最適頻度って、体脂肪率で大きく変わる。僕の場合は、週に1回でも体脂肪を7%で維持できた。けど、デブ期間はほぼ使わず。
あくまで体脂肪が減って、停滞期に突入した人が脱出する為の方法

ここを詳しく解説していきます。

筆者の信頼性

  • 元セミプロ選手
  • 筋トレ6年以上継続
  • ジムインストラクター

ダイエット含め、数百人へトレーニング指導をしてきました。

ちなみにそんな僕は、最終的にジムに通わずにコスパ重視で以下の身体を実現してます。体脂肪率は7%です。

僕のビフォーアフター

チートデイは週1やっても大丈夫?

チートデイは週1やっても大丈夫?
まず結論から行きます。

体脂肪率が10%~15%未満の場合は、週1やっても大丈夫です。※女性の場合は、25%まで大丈夫です。

なので、言い換えるとそれ以上の体脂肪率の場合には、頻度としては過多です。

男性の場合は、以下が理想です。

男性:理想的な頻度

  • 15%未満:週に1回
  • 15~20%未満:10日に1回
  • 20~25%未満:2週間に1回

女性だとこんな感じです。

女性:理想的な頻度

  • 25%未満:週に1回
  • 25~30%未満:10日に1回
  • 30~35%未満:2週間に1回

既にチートデイを取り入れている人は、ぜひ上記と実際の頻度を比べて、正常か確かめると安全です。もちろん、オーバーしていると痩せにくいです。

ある程度、体脂肪が低い場合は、チートデイを週1やっても大丈夫ということですね。

女性向け関連記事
>>女性のチートデイメニュー成功法【間違って太っていませんか?】

本来の目的

本来の目的
頻度過多になればリスク大ですが、頻度を守れた場合は、こんな効果があります。

効果

  • 停滞期脱出
  • 代謝の維持
  • ストレス軽減
  • 栄養不足解消

これだけ正しい頻度で行えばメリットがあるんですね。

ダイエット関連記事
>>【悩まない】「ダイエットを1ヶ月やっても体重が減らない」あなたへ【抜け出す方法】

停滞期脱出

まずは、ダイエットの天敵、「停滞期」への効果です。

まず大前提、ダイエットには、負の循環が存在します。具体的には以下です。

負の循環

  1. ダイエットで食事制限
  2. 体脂肪率が徐々に減少
  3. 体が省エネモードに突入し痩せにくい体質に(重要)

脳が、「飢餓状態」だと思い込み、省エネモードになるように体はできているんです。すごいですよね。笑

つまり、チートデイにはこの脳の思い込みを解く効果があると言われています。一時的に摂取制限を解除し、飢餓状態を脱出してあげましょう。

代謝の維持

実は、食事制限を行うことで、体は少エネルギーで生命維持するように代謝が落ちていきます。

これが、痩せたい時にはダメージ大なんです。

基礎代謝

寝ている間でも生命維持のための消費されるエネルギーのこと

こんなにダイエットの味方である、「代謝」が落ちるのって損ですよね。

ただ、チートデイによって、一時的ではあるものの、代謝の低下を抑制できます。

これが2つ目のメリットです。

ストレス軽減

これはわかりやすいですよね。

ストレスは大きな弊害


引用:RBBTODAY

実際に僕もダイエット中は、「はぁ、あのお菓子食べたいなぁ。我慢かぁ。」と、こんな感じでした。笑

ただ、チートデイの日はほとんど制限がなくなるので、完全にストレス解消です。最高ですね。

栄養不足解消

実は、ダイエットで食事制限をしていると、栄養不足になるのはあるあるです。

そこへの効果も、チートデイには期待することができます。

例えば

    普段ではカロリー過多で食べられなかった大盛り定食で、5大栄養素を摂取。

こんな感じですね。

あくまでチートデイは、不健康で美味しいものを食べまくって良い日、ではないので、普段摂りにくい栄養素をとる日です。

そんな活用方法ができると尚メリットですね。

注意点

注意点
制限が解除されるとはいえ、なんでも間でも食べて良いわけではないです。最低限の制限はあります。

これらは注意点です

  • 食べ過ぎ
  • 頻度を間違える
  • 翌日にも引きずってしまう

詳しく知りたい
>>【落とし穴】チートデイで失敗しない方法【ダイエットに終わりを】

食べ過ぎ

まずは、最低限のカロリー制限があるという点です。

これ以上は食べ過ぎです

    体重×40~45kcal(体重45kgなら、1,800kcal〜2.025kcal程)

全然ハイカロリーではありますが、気を抜くと超過します。笑

また上記のありがちな例は、飲酒です。飲酒カロリーに加え、冷静にカロリー制御の判断ができなくなりがちです。

特に、飲みの席では限度を意識して、チートデイを全うしましょう。

頻度を間違える

頻度については前述で触れましたが、本当に多いので再度です。

体重計でしっかり体脂肪率を測ってますか?なんとなくで頻度を決めようとしてませんか?

なんとなくで頻度を決めると…

    頑張ってダイエット制限してきた努力が水の泡になります。むしろ太ることもあります。

体重計がない場合は、まずはなんでも良いので買いましょう。

おすすめの体重計はこちらから
>>オムロン 体重・体組成計

翌日に切り替えられない

実は、僕はこれでよく苦労しました。

心の声:「あぁ、もう少しだけ食べて良いよね...。」

意志が弱い典型ですが、これが大変なんです。そして、もちろんこれではいつまでも痩せないです。

チートデイを週1で行う場合は、毎週この誘惑と向き合うわけなので、より決意は必要ですね。

関連記事
>>「チートデイ翌日」の変化は?【ビビらず食べてOKです】

まとめ:チートデイは週1で大丈夫な人もいる

それでは最後に、ここまでをまとめます。

まとめ
・体脂肪が低ければチートデイは週1でOK
・ただ、最低限の限度は守る必要あり



このブログでは他にも、様々な筋トレを教えるブログとして、コンテンツを更新しています。

「筋トレを教えるブログ」の関連記事はこちら

この記事を書いた人

わくらく

▼育ち
東京生まれ東京育ち。

▼スポーツ
16年間フットサル選手として活動。プロ練習生まで上り詰め、大会では全国2位を経験。

▼ビジネス
2020年4月より IT営業マンとして活動。全社1位の成績を収め、社内最速昇進を叶える。

▼趣味嗜好
休日の彼女とのアウトドアデートと、毎朝のカフェタイム。

プロフィール詳細