【激震】ナッシュのダイエットコース廃止【もっと便利になってるので大丈夫】

ダイエット

こんにちは、ナッシュが大好きなわくらく(@wakuraku_life)です。

初めて食べた日のツイート


私はダイエット目的でナッシュを利用し始めましたが、どこを探してもナッシュ利用者の中で人気の「ダイエットコース」が見つからないんですよね。

そこで今回は、以下のような人向けに、ナッシュのダイエットコースのゆくえについて、真相を解説していきます。

筆者
筋トレブロガー
わくらく
wakuraku

プロフィール
どうも「わくらく」です。大した人間ではないですが、ちょこっと自己紹介します。学生時代に、筋トレをほぼ毎日継続する生活を送ったら、フットサル競技のプロ練習生にまで上り詰める事ができちゃった、というのが唯一の特徴です。現在は引退し、上場企業で最速昇進サラリーマンを謳歌し、今は時価総額1,000億円超えの企業に転職しました。影でこっそりブログ更新をする日々を送っております。Twitterはこちら»もっと詳しい自己紹介はこちら»

わくらく(筆者)「目次を見て気になるところから読んでみてね!」

ナッシュのダイエットコースとは




ナッシュのダイエットコースとは、「ナッシュセレクション」内の以下、「ダイエット」コースの事を意味します。

ナッシュセレクション

  • ダイエット:ダイエット向けのコース。低糖質(平均8.1g)特化メニュー
  • トレーニング:筋力をつけたい、ボディメイクしたい、という人におすすめ。高たんぱく(平均たんぱく質26.1g)特化メニュー
  • ロングライフ:塩分制限を設け、生活習慣病を気にしたコース。低塩分(平均塩分1.4g)特化メニュー
  • バランス:食生活の見直しで、栄養バランスに気をつけたい人向けのコース。栄養素(野菜・肉・魚)の種類に重点を置いたメニュー

※ナッシュセレクションは10食プランのみの展開。

わくらく(筆者)「ダイエットコース以外にも、色々あるんだね!」

「低糖質(平均8.1g)」ということもあり、多くのダイエットユーザーの間では愛用されたメニューだったようですね。

どうやらたくさん検索もされている様子

どうやらたくさん検索もされている様子
確かに、多くの人に利用され、糖質制限されていることから痩せやすい、そしてコスパも良かったら、利用しない理由がもはやないですよね。

ただそんなダイエットコースにも、こんなデメリットがあるようです。

デメリット

以下、リサーチしてみてわかった、ナッシュのデメリットです。

デメリット

  • 数多くのメニューを食べられない。
  • 10個入りだから冷蔵庫に入り切らない。

確かにナッシュのダイエットコースは、すでにメニュー10食が決まっているので、継続して食べていくと、徐々に飽きます。

そして、10食まとめて届くので、冷蔵庫のスペース確保も大変になります。笑

関連記事
»ナッシュが冷蔵庫に入りきらない場合の対処法も解説

ナッシュのダイエットコースは廃止【公式確認済】

ナッシュのダイエットコースは廃止【公式確認済】
ここで残念なニュースです。

ナッシュのダイエットコースが見当たらなかったので、公式に電話でお問い合わせてみたところ、以下の回答を得ました。

    「現在、ナッシュセレクション(ダイエットコース)はすでに廃止となっております。」

ちょっと悲しいですよね。笑

なぜ無くなったのかも聞いてみましたが、その電話窓口ではすぐには理由がわからなかったようでした。

そして今後の復活の目処も、どうやらわからないようです。

わくらく(筆者)「であれば、ダイエットコースに近いメニューを自分で選んで注文するのが良さそうだね!」

ということで、ダイエットコースをなるべく近い形で再現する方法を以下で解説していきます。

ダイエットコースを真似する方法

ダイエットコースを真似する方法
それでは、ダイエットコースに近いメニューを再現する方法について、以下で解説していきます。

方法

  • 糖質を再現する
  • メニューを再現する

わくらく(筆者)「公式に問い合わせて得た情報も、特別に公開するよ!」

糖質を再現する

リサーチを続けてみると、どうやらダイエットコースは低糖質(平均8.1g)なメニュー構成だったようです。

そこで、その糖質制限をなるべく近い形で再現してみました。以下メニューだとほぼダイエットコースと同じメニュー構成になります。

食名 糖質 カロリー
1食目 チキンのバジルオイル焼き 4.1g 478kcl
2食目 焼き鳥の柚子胡椒 5.6g 431kcl
3食目 鮭のごま風味焼き 6.2g 331kcl
4食目 牛肉ときのこの甘辛煮 6.9g 408kcl
5食目 サバのバジルトマトソース添え 8.8g 400kcl
6食目 牛肉のデミグラスソース煮 9.3g 338kcl
7食目 牛肉のプルコギ風 10.0g 404kcl
8食目 彩り酢豚 10.3g 321kcl
9食目 塩糀鯖の和プレート 15.0g 458kcl
10食目 ロールケーキ(3個入) 4.7g(1個) 161kcl(1個)
平均 9.4g 324kcal

これらメニューを選択の上、10食セットで注文すれば、ダイエットコースを再現することが可能になるのでよければどうぞ。

関連記事
»ナッシュを10食セットを最も安く購入する方法8つを紹介します

メニューを再現する

メニュー自体は、リサーチによると、以下の通りだったようです。

  • 豚肉の旨ダレ焼き
  • エビのチリソース煮
  • 鮭のごま風味焼き
  • 牛肉のプルコギ風
  • 牛肉と野菜のXO醤炒め
  • 牛肉のデミグラスソース煮
  • 豚と大根の麻婆煮
  • 牛肉ときのこの甘辛煮
  • 鮭ときのこの蒸し煮
  • 塩麴鯖の和プレート

上記の通り注文する形でも、ダイエットコースの再現は可能ですね。

わくらく(筆者)「別にダイエットコースは自分の力で復活させれば何も問題ないんだね!」

今はダイエットコース以上にメリットがある

今はダイエットコース以上にメリットがある
実は、ナッシュは年々、進化してきており、ダイエットコース以上にメリットがたくさんあります。

メリット

  • 頼めば頼むほど安くなる
  • 新しいメニューが毎週3品追加される
  • ダイエットコースにはないスイーツも食べられる

頼めば頼むほど安くなる

まず一つ目のメリットが、料金が頼めば頼むほど安くなるというものです。

その名も「nosh club」

nosh club
詳細は別記事で解説していますが、結論、599円(税込)/1食が、なんと、499円(税込)/1食にまで、最大で安くなるんです。

コスパがここまでよくなると、ほぼ自炊と同じレベルですよね。ありがたいです。

関連記事
»ナッシュのコスパを自炊、外食、テイクアウトと比較してみた【結論、コスパ良しです】

新しいメニューが毎週3品追加される

今はナッシュのメニュー数は数えきれないほど存在しますが、それでもなお、毎週3品ずつ新しいメニューが追加されているんです。

ダイエットなどの難敵は、「継続」とよく言われますが、その継続の難しさの一つは飽きですよね。その点に対しては、心強いです。

ダイエットコースにはないスイーツも食べられる

ダイエットコースには、スイーツが存在しませんが、前述の糖質制限を意識した再現メニューにもあるとおり、スイートを選ぶことができます。

それも美味しいスイーツであるにも関わらず、糖質制限などのこだわりがもちろん含まれるため、健康的にスイーツを楽しめます。

ダイエット生活にスイーツが存在して良いなんて、なんてダイエットユーザーの悩みを理解した試みなのでしょうか。笑

まとめ

まとめ
最後に当記事の内容をまとめます。

まとめ

  • ナッシュのダイエットコースは廃止になった
  • ただ、ダイエットコースを再現することは可能
  • もはや、当時よりもメリットが多くダイエットしやすいのが今のナッシュ

ナッシュ利用者の喜びの声

低糖質に感動!

美味しいのにマイナス2Kg!

夜だけnosh生活でマイナス12kg!

夜ご飯はnoshを家族で!

\初回300円OFF!!/

合わせて読みたい記事

mokuji