【コルセットダイエットで失敗?】あなたの不安を払拭する意外な落とし穴を解説!

ダイエット

こんにちは、わくらくです。

わくらく「コルセットダイエットって失敗リスクあるの?」

今回は、こんなお悩みをより楽に解決します。

そういえば、先日、こんなツイートをしました。

コルセットダイエットで失敗する人の特徴
1 すぐにリバウンド
2 就寝時にも着用してしまう
3 締めすぎで内臓に負担がかかる
上記に該当する場合は、要注意ですね。
ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーなので、物理的なアプローチのみだと、失敗リスクありです。
運動と食事も適度に。

ここを詳しく解説していきます。

筆者の信頼性

  • 元セミプロ選手
  • 筋トレ6年以上継続
  • ジムインストラクター

ダイエット含め、数百人へトレーニング指導をしてきました。

ちなみにそんな僕は、最終的にジムに通わずにコスパ重視で以下の身体を実現してます。体脂肪率は7%です。

僕のビフォーアフター


その方法の方が気になる方は以下記事をどうぞ。女性利用者が多いです。

関連記事
>>無料でボディーメイク出来るオンラインフィットネス紹介記事

そもそもどんな効果があるの?

そもそもどんな効果があるの?
コルセットダイエットは、ダイエット界隈では割と有名な方法ですよね。

ネットの声


最近始める人もいるようです。

そんなこルセットダイエット ですが、一般的には、以下の効果があるとされています。

効果

  • 食欲抑制
  • 姿勢の改善
  • 骨格の矯正

全部を鵜呑みにするのも危険なので、少し解説します。

食欲抑制

食欲抑制効果は、実際にあります。

厳密には、食事量が減ることで、摂取カロリーが減少し、結果的にダイエット効果を実感できることは十分考えられます。

ただ、内臓へ負担をかけて栄養摂取を強引に抑制する方法は、リスクありです。

理由

  • 内臓の調子が悪化し、体調に影響が及ぶ
  • エネルギー不足になり、筋肉も分解してしまう
  • 結果的に、魅力的な痩せ方にはならない

食欲抑制効果は確かにありますが、お勧めはできない効果ですね。

姿勢の改善

姿勢の改善効果は、多いに期待できるポジティブな要素です!

姿勢が悪いとこんなデメリットがあるので、そこを予防できる効果があります。

姿勢が悪いと起きるデメリット

  • 身体を支える筋肉が衰える
  • ボディラインが歪み、太って見える
  • 骨盤が歪み内臓を圧迫、消化機能に影響を及ぼす

姿勢が悪いとダイエット効果も期待できない、と言っても過言ではないです。

その姿勢が改善されるのは、大きなメリットですね。

骨格の矯正

肋骨から締め上げることで、骨格が矯正される効果がありますが、これもお勧めはできません。

理由

  • むくむカラダになる
  • 体幹が弱くなり、だらしないカラダになる
  • 呼吸が浅く、代謝悪化で太りやすい体質になる

物理的に骨格を矯正することで、即効性はあるかもしれませんが、デメリットの方が大きいと思います。

一旦まとめると、前述の通り、適度に姿勢を改善する程度の効果を期待するのが吉ですね。

コルセットダイエットの意外な失敗例

コルセットダイエットの意外な失敗例
流れ的にお察しかもしれませんが、コルセットダイエットはリスクが大きいです。

失敗リスク

  • リバウンド
  • 就寝時にも着用してしまう
  • 締めすぎで内臓に負担がかかる

関連記事はこちら
>>【ついに解決!】筋トレで伸び悩んでいる人は読め【無料です】

リバウンド

コルセットダイエットは、リバウンドリスク大です。

よくある例

  1. 痩せてきたからコルセット卒業
  2. 食欲爆発で接種カロリーが過多に
  3. 姿勢が悪化し代謝悪化、太りやすい体質に

おそらく超定番です。

やっぱり、コルセットは即効性はありますが、本質的なダイエット効果とは言えないと思います。

就寝時にも着用してしまう

コルセットの着用は3-6時間くらいが限度。

シンプルですが、寝ている時はコルセットを外しましょう。

睡眠の目的は回復です。ただ、コルセットによる締め付けで血流が悪化すると、回復効果が減少してしまいますよね。

後述しますが、逆に基礎代謝が高ければ寝ている間にも痩せるので、もはやコルセットは逆効果です。

締めすぎで内臓に負担がかかる

結構硬めの素材でできたコルセットだと陥りがちですが、内臓への負担が健康リスク的に微妙です。

理想的なコルセットに出会えていないという場合は、Burvogueコルセットはお勧めです。

元鈴木さん(@Motosuzukisan)という、コルセットダイエットで割と有名な方も愛用しているアイテムです。

参考動画

コルセットダイエットよりも楽に痩せる方法

コルセットダイエットよりも楽に痩せる方法
コルセットダイエットで痩せようと思っている場合、意外と以下の方法の方が楽で効率的です。

方法

  • チートデイ
  • 基礎代謝の向上
  • 適度な運動・食事習慣

上記の場合、ほぼコルセットダイエットのようなリスクもなく、ダイエット効果を期待できます。少し解説しますね。

チートデイ

チートデイとは:基本的になんでも食べて良い日のこと

ダイエットをしようとなると、食事制限に取り組む人も多いと思います。僕もそうでしたが、こんな感覚ありませんか?

食事制限頑張っているのに、なかなか痩せない。

頑張っている人ほど陥る状態なのですが、結論、体が省エネモードになっている可能性が高いです。

なので、省エネモードを解除するために、なんでも食べて良い日を意図的に作ることで、停滞期を脱却する効果を期待できます。

好きに食べまくって、痩せるなら最高ですよね。

詳しく知りたい
>>【落とし穴】チートデイで失敗しない方法【ダイエットに終わりを】

基礎代謝の向上

基礎代謝とは:生命活動を維持するために、何もせずともエネルギー消費を行うこと

極論、寝ている間でも痩せていけるという体の働きを利用した方法です。

以下の意識で、効果を最大化できるので、よければ実践してみてください。

意識すべき点

  • ヨガ運動
  • 薄着で体を冷やさない
  • 湯船には10分程度は浸かる

引用:【落とし穴】毎日腹筋で痩せるのは遠回り?【僕は〇〇で効率的に痩せました】

適度な運動・食事習慣

最後に、食事、運動ダイエットです。かなり王道ですが、最も効果的で本質的です。

とはいえ、大変なのも事実なので、以下方法で適度に取り組むと楽に痩せられますよ。

方法

僕の場合、社会人生活との両立も、これらで乗り切りました。

気になる方はどうぞ。

まとめ:コルセットダイエットで失敗する不安とおさらば

まとめ
・コルセットダイエットはリスクが大きい
・やはり、食事や運動を織り交ぜた取り組みが効果的
・頑張りすぎず、適度に継続するのが大切



このブログでは、様々な筋トレを教えるブログとして、コンテンツを更新しています。

「筋トレを教えるブログ」の関連記事はこちら

この記事を書いた人

わくらく

▼育ち
東京生まれ東京育ち。

▼スポーツ
16年間フットサル選手として活動。プロ練習生まで上り詰め、大会では全国2位を経験。

▼ビジネス
2020年4月より IT営業マンとして活動。全社1位の成績を収め、社内最速昇進を叶える。

▼趣味嗜好
休日の彼女とのアウトドアデートと、毎朝のカフェタイム。

プロフィール詳細